メイン画像

シェービング後の汗にはご注意ください

ブライダルシェービング後の汗には細心の注意をして下さい。
近頃の暑さ、節電の傾向で、どうしても汗をかいてしまいがちですが、
この汗、シェービング直後には要注意です。

シェービング後の当日、翌日まで剃刀負けなど、
何もお肌に変化が無く、問題なくシェービングがクリアー出来ていても
何でもなかったお肌が、汗をかいてしまうと突然お肌が赤くなったり、
ヒリヒリしたりなど、汗が原因でトラブルに発展する可能性があります。
夏のシェービングの最大の注意点です。原因は、あせに含まれる塩分です。

汗をかいてしまったら

汗をかいてしまったら、多めに水を含んだやわらかめのタオルで、
そっと変化の現れた部分を押さえてください。
決してこすらずに、お肌を冷やす様な感じでそれを繰り返して行ってください。

原因が塩分の為、汗をかき、何気なくそのままでいると
シェービングで敏感になっているお肌がこの塩分で、汗疹の様な現象が起こります。
これは剃り負けでは無くアフターの問題です。

施術時お客様には会話中にお伝えしてはおりますが、
つい軽く受け止めてしまったり、忘れてしまったりで、
うっかり汗をかいても、忙しく暫く放置してしまう
そんな事から お肌は汗の塩分に反応して変化が現れます。

個人差がある為、お肌の弱い方は、最低3日間の間からブライダル当日迄は汗には注意してください。

夏だけの問題ではなく、環境によっては他の季節でも汗は出ます。
季節を問わず汗をかいたらすぐに濡れタオルで抑えれば、それだけで大きな問題にはなりません。